診療案内

今すぐかんたんネット受付

QRコード

比嘉眼科病院

〒901-2133
沖縄県浦添市城間4-34-20
(国道58号線沿いNTT城間支店うら)

比嘉眼科病院 > 多焦点眼内レンズと白内障手術について

多焦点眼内レンズと白内障手術について

marigold-2117436_1280

 

先進医療の多焦点眼内レンズ

 

多焦点眼内レンズについて

まず、眼内レンズとは白内障によって黄色く濁った水晶体を、白内障手術の際に摘出し、その代わりに挿入する人工の水晶体のことです。
眼内レンズには「単焦点眼内レンズ」「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。

A単焦点眼内レンズ(動画)

単焦点眼内レンズ

B多焦点眼内レンズ(動画)

多焦点眼内レンズ

これまで、白内障手術には健康保険で使える「単焦点眼内レンズ」が通常でした。ところが、挿入した単焦点眼内レンズは、一点の距離だけにピントが合う一焦点レンズであるため、若い頃のように見たいすべての距離にピントを合わせることは出来ないのです。

 

単焦点眼内レンズの場合

単焦点レンズ1-①

水晶体の代わりに単焦点眼内レンズ

単焦点レンズ装着1-②

挿入し固定埋植(インプラント)する

 

そのため、選んだ一焦点以外の遠距離や手前の近距離を見る場合には眼鏡をかけてピントを調節する必要があります。

 

1)単焦点レンズ裸眼での視界 新聞ボケ 2)単焦点レンズ眼鏡での視界 新聞クリア

この様に手前の新聞や本を読む場合は近距離で見ることになるので眼鏡をかける必要があります。

 

■多焦点眼内レンズの場合

B多焦点眼内レンズ(動画)

 

これに対し、「多焦点眼内レンズ」は、ある程度 遠くにも近くにもピントが合うレンズなので「出来るだけ眼鏡をかける頻度を少なくすることが可能となり、眼鏡への依存度を極度に減らす事が出来るレンズなのです。

 

 

 

オフィスから見る遠くの景色(遠距離)

裸眼で見る遠くの景色(遠距離)

AMOレンズ

①正常な視界(ペーパー資料)

裸眼で見る手前の資料ペーパー(近距離)

AMOレンズ

 

現在主流のAMO社多焦点眼内レンズは2焦点なので裸眼遠くの景色(遠距離)手前の資料ペーパー(近距離)をクリアに見ることが出来ます。

 

オフィスから見るデスクの視界パソコン等(中間距離)

裸眼で見るパソコンと写真(中間距離)

 但し、中間距離であるデスク上のパソコンや写真立にはピントが合いません。そこだけは眼鏡が必要かもしれません。

 

現在 多焦点眼内レンズは、ある程度 眼鏡をかけずに  裸眼で自由に生活が出来るという利点に白内障患者のニーズが集まり、各社レンズ・メーカーは急速に技術革新を進め多種のレンズが開発されました。

厚生労働省も 患者のニーズに対して2008年より先進医療という制度で認定しAMO社のレンズが先進医療特約保険で適応できる様になり AMO社の多焦点眼内レンズが主流となっています。

 

先進医療とは

先進医療とは厚生労働省が認めた先進医療技術で一般の生命保険の適応が許されることになる制度です。先進医療特約を使って治療を受けることが出来るシステムで、最初は自分で支払うのですが後日、保険会社から全額払い戻しされる仕組みとなっています。

 

また、先進医療とは厚生労働省が認めて今後 国民健康保険適応となって行くであろう先進の医療技術を試し段階として暫く実績を見て、厚生労働省が評価して健康保険に取り入れた方が良いのではないかという事を判断するためのテスト段階として位置づけられている医療認定制度のことです。

 

その先進医療として認められた眼科医療の技術が「多焦点眼内レンズ」なのです。

 

多焦点眼内レンズの絶え間ない進化(技術革新

 但し、技術革新がどんどん進んでいるため新しい多焦点眼内レンズが次々開発されており、レンズの技術進歩が速く先進医療には未だ認められておりませんが、多焦点眼内レンズの精度・性能は年々進化して来ています。

 

そして、多くの白内障の患者さんは「出来るだけ裸眼に近いレンズ性能を求めている」ため、精度・性能のかなり進化した新しい多焦点眼内レンズに注目が集まっています。

 

街並みトタブレット(B)遠距離焦点venice-

新しい多焦点眼内レンズ(レンティス)

見る遠くの視界(裸眼)

街並みとタブレット(B)近距離焦点venice-

新しい多焦点眼内レンズ(レンティス)

見る手前の視界(裸眼)

 

現在主流のAMOレンズに比べ、新しい多焦点眼内レンズ(レンティス)は技術革新でかなり精度の上がったレンズを使用しているため視界がよりクリアになっています。更に遠方と近方の2焦点ですがレンズの焦点範囲が広がって中間もカバーできる様になり中間距離の視界もある程度正確に見える様に精度が向上し、乱視も正確に矯正することができる様になっています。

 

街並みとタブレット(B)3焦点距離venice-01

新しい多焦点眼内レンズ3焦点もあり中間距離の焦点もカバーしているので

裸眼のまま全てがクリアに見える ( レンティス ・ ファインビジョン )

 

また、更に進歩した3焦点眼内レンズ(ファインビジョン)があり、遠焦点、近焦点の外に中間焦点が加わった3焦点の優れものが出ています。

 

国内主流の多焦点眼内レンズ3種類

自費になりますが、現在、多焦点眼内レンズは、先進医療保険適応のAMO社レンズの他、先進医療保険適応外ではありますがレンティス(2焦点)と、ファインビジョン(3焦点)という多焦点レンズの3種類が主流となっています。

 

多焦点レンズ3種類名前入り(海中)

 

 

1)AMO社 多焦点眼内レンズ (2焦点)

   (健康保険適応外 先進医療保険適応  ) A・B・C の3タイプ

多焦点レンズAMO A01

AMO社テクニスマルチフォーカル

A)「私はゴルフを良くするので遠距離と中間距離が見える様にして欲しい」という方には焦点を遠方と近方50㎝ ~1mの2か所に合わせて調整するレンズ(+2.5D加入レンズ)が有ります。但し、乱視の矯正は出来ません。※中間距離の見え方を重視したレンズです。

 

B)「パソコンを良く使うので」という方には焦点を遠方と近方40㎝の2か所に合わせて調整するレンズ(+3.0D加入レンズ)が有ります。このタイプには乱視を軽減するタイプもあります。※パソコンを見る距離を重視したレンズです。

 

C)「私は読書が趣味、或いはスマホを良く使う」という方には焦点を遠方と近方30㎝の2か所に合わせて調整するレンズ(+4.0D加入レンズ)が有ります。
乱視の矯正は出来ません。※手元の見え方を重視したレンズです。

 

2)レンティス社 多焦点眼内レンズ (2焦点)

   ( 健康保険適応外  自費 

多焦点レンズ レンティスB01

Oculentis社 レンティス MplusX

 レンティスはドイツから輸入したレンズで焦点は2か所、上下に分かれた屈折型レンズで遠方と手元を重視したレンズと遠方と中間を重視したレンズ等があります。自費ではありますが、AMOレンズに比べ、技術革新でかなり精度の上がったレンズを使用しているため視界がよりクリアになって見えます。更に遠方と近方の2焦点ですがレンズの焦点範囲が広がって中間もカバーできる様になり中間距離の視界もある程度正確に見える様に精度が向上しています。又、乱視も正確に矯正することが出来ます。

 

 

(完全オーダーメイド制)

レンティスはドイツから輸入します、レンズ発注後約3~6週間以降の手術予定になります。レンズ発注後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

 

 

3)ファインビジョン多焦点眼内レンズ (3焦点)

  ( 健康保険適応外  自費 

多焦点レンズ ファインビジョンC01

PhysIOL社 ファインビジョン PodF

ファインビジョンはベルギーから輸入した回析型レンズで 焦点は遠方、中間、手元の3焦点です。自費ではありますが、AMOレンズに比べ、技術革新によってかなり精度の上がったレンズを使用しているため視界がよりクリアになって見えます。又、さらなる技術革新によってレンズメーカーで初めて3焦点レンズの開発に成功した最先端レンズを使用。乱視も、より正確に矯正することが出来ます。

 

完全オーダーメイド制)

ファインビジョンはベルギーから輸入します、レンズ発注後約3~6週間以降の手術予定になります。レンズ発注後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

 

 

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズとの違い      3焦点ファインビジョンの紹介VTR映像

 

 

 

 

多焦点眼内レンズを使用する前に 確認すべき「留意点」

 

ア) 手術後、ハロー・グレアー・ゴーストと呼ばれる暗所で光のにじみや、光の
    周りのぼんやり感、像の重なりが出ることがあります。

イ) 多焦点レンズをご希望されても、患者様のご職業・ライフスタイルを考慮して、
       単焦点レンズを   選択する場合があります。(職業ドライバーや写真家等)

ウ) 多焦点眼内レンズはメガネの使用頻度を減らすことができますが、メガネが
       必要になることもあります。

 

エ) 先進医療の証明ができるレンズはテクニスマルチフォーカルレンズのみです。
       加入している生命保険会社によって保障内容が異なりますので、各生命
       保険会社にお問い合わせ下さい。

 

 

 当院で扱う各種「多焦点眼内レンズ」の挿入手術費用

 

1)AMO社テクニスマルチフォーカル 先進医療適応 (非課税)

片眼40万円+健康保険自己負担分(0~数万円)
両眼80万円+健康保険自己負担分(0~数万円)

 

2)Oculentis社 レンティス MplusX 健康保険適応外 自費診療

片眼43万2千円(税込) 
両眼86万4千円(税込)

 

3)PhysIOL社 ファインビジョン PodF 健康保険適応外 自費診療

片眼43万2千円(税込) 
両眼86万4千円(税込)

 

 レンティスはドイツ、ファインビジョンはベルギーから輸入します、レンズ発注後約3~6週間以降の手術予定になります。尚、レンズ発注時にレンズ代金(内金)として片眼21万6千円・両眼43万2千円を頂きます。レンズ発注後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

 

 

診療時間
午前 9:00~13:00
(受付時間8:00~12:00)
午後 14:00~18:00
(受付時間~17:30)

診療開始時間:午前9:00、午後は2:00

●休診日:日曜日/祝日/年末年始/旧盆

●社保・国保・生保 各種保険取り扱い

比嘉眼科病院の概要