診療案内

今すぐかんたんネット受付

QRコード

比嘉眼科

〒901-2133
沖縄県浦添市城間4-34-20
(国道58号線沿いNTT城間支店うら)

比嘉眼科 > 検査設備のご案内

検査設備のご案内

県内でも最新の眼科専門設備をそろえ、様々な患者様の症状に合わせた治療を行っています。

  • VERION(ベリオン)イメージガイドシステム

    角膜屈折力と乱視軸の測定を行います。乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズなど、高い精度の検査ができます。VERIONは一人一人の目の形や特性を解析し、目のどこをどのように切れば最も良い結果が得られるかをプランニングします。 VERIONの導入により、さらに精度の高い白内障手術が可能となりました。

  • OCT DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

    硝子体から脈絡膜までの観察が可能。DRI OCT Tritonは SS OCT Angioシステムにより、蛍光造影剤を使わずに網膜の観察が可能になります。前眼部撮影機能にて、前眼部3Dスキャンが可能です。

  • ホワイトスターシグネチャーシステム

    白内障が進んだ患者さんにも手術の負担を最小限にしながら、より安全に行うことが出来ます。

  • ハンフリーフィールドアナライザーHFAⅢ(自動視野計)

    緑内障の特に初期から中期の中心付近の視野検査を行います。視標は動かず、固定された視標の輝度を変化させて感度を測定する装置です。自覚症状にない初期の段階での小さい異常を調べる事ができます。

  • PASCALレーザー装置

    PASCALレーザー装置は往来の装置に比べ、レーザー光凝固の治療効率が飛躍的にアップし短時間で治療を行うことができます。

  • EVA AU-8000(白内障・硝子体手術)system

    世界初の新ポンプシステムを採用。硝子体切除術・白内障手術を安全に実施でき、また網膜周辺部の切除においては手術時間の短縮になり安全性・安定性の確保を容易にします。

  • エレックスYAG

    スーパーQオフサルミックヤグレーザー装置は高性能なモデルで、緑内障治療や後発白内障治療(YAG)に用います。

  • コーワ眼底カメラ

    一台で無散瞳カラー眼底撮影、散瞳カラー眼底撮影、FAG・ICG撮影が可能な眼底カメラです。

  • トーメーABモード

    超音波により眼の長さを計測したり、眼内の出血や網膜剥離等を超音波により確認する事が出来ます。

  • トーメー スペキュラー

    角膜内皮細胞をチェックする最適装置です。白内障手術前後やコンタクトレンズ装用者に定期的な角膜内皮細胞チェックをします。

  • 炭酸ガスレーザー

    炭酸ガスレーザーはあらゆる瞼(まぶた)の治療に、出血がほとんどしないレーザーメスです。

  • バルベルト 緑内障インプラント

    バルベルトチューブシャントは、濾過手術によっても眼圧下降が得られない等の難治性緑内障患者の眼内に挿入し房水流出径路を形成することで眼圧コントロールを可能にします。

  • 3CCDイメージングシステム FT-203F

    細径ファイバースコープ専用の光源・プロセッサ装置一体型のシステムです。3CCDカメラにより解像度と色再現性に優れ、画像サンズ調整により観察部位大きさが選択できます。

  • 眼内内視鏡 ソリッドファイバカテーテル AS-611

    往来視野確保が困難であった角膜や水晶体の混濁により眼底の透見が困難な硝子体手術や緑内障手術の際に使用します。

  • 涙道用内視鏡
    涙道ファイバースコープ

    観察不可能であった涙道内腔の観察を可能にした内視鏡です。鼻涙管閉塞の観察、涙管チューブ挿入術の安全・確実な手術、その処置後の確認に有用です。

 

診療時間
午前 9:00~13:00
(受付時間8:00~12:00)
午後 14:00~18:00
(受付時間~17:30)
-

診療開始時間:午前9:00、午後は2:00

●休診日:日曜日/祝日/土曜日午後/年末年始/旧盆

●社保・国保・生保 各種保険取り扱い

比嘉眼科の概要